非常用発電機工事

いざという時、スプリンクラー・屋内消火栓・排煙機などの防災設備が、火災による停電の為使えない、という事にならないよう、防災設備専用の非常電源を設置します。

施工場所

工場 学校 病院 公共施設

非常用発電工事

非常用発電装置は、自然災害などによる電力会社からの商用電源停電に対して電気を必要とする箇所に引き続き電力を供給することを目的として設置してあります。こうした不意の停電に対して装置の機能を確実に発揮するために電気設備工事を行います。

電気設備が常に正常稼働するためには、品質のよい電源供給が不可欠です。
日本国内の電力事情は非常に良好で、停電することは殆どなく、雷撃や地震など、自然現象による停電の場合でも、長期に渡る停電が発生することは殆どありません。

しかし火災などが発生し、電力会社からの電源供給が途絶えた場合、設置している防災設備が動作できないことが考えられます。

一定規模の建築物には、火災を消火したり、人が煙に巻き込まれないように、スプリンクラー・屋内消火栓・排煙機などの防災設備が設置されます。

これら防災設備は「火災で停電になったので使えない」という事にならないよう、防災設備専用の非常電源が必要となります。

非常用発電工事 施工事例

【施工前】

非常用発電機工事施工前①

非常用発電機工事施工前②


【施工後】

非常用発電機工事施工後①

非常用発電機工事施工後②


お問合せはこちら